バランサーや特殊機械&技術を知ろう!【効率化を助ける機械技術】

男性

歯の3Dスキャン

PC

歯の3Dスキャンの仕方は常に進化を続けていて、今ではセレックと呼ばれる技術が確立されています。セレックとは歯を3次元にスキャンすることを可能にした擬似歯制作で用いられる技術です。セレックを用いることで簡単に歯を再現することができ、詳細に作ることが出来てしまいます。セレックが魅力な理由に簡単に作ることが出来るという大きな特徴があります。セレックを用いることで従来で必要だった歯型を取るという作業が不要になり、歯科医師も作業が簡略化され、患者自信も治療時間が短くなり簡単になりました。セレックは3Dデータを取得しそのデータを用いて擬似歯を作るため、一度取ったデータは常に用いることが出来ます。例えば何かの拍子に擬似歯が抜けてしまったという場合でも、データさえあれば何時でも用意することが出来てしまいます。
セレックで擬似歯を作る際はセレック本社にデータを送る必要があります。データを送ると実際に擬似歯が加工され、数週間掛けて本人の手元に配送されます。後は通常の擬似歯と同じように用いることが可能で、適度に調整などをすることで本物さながらの歯を再現することが出来ます。価格的には歯型を取る従来タイプより高いですが、今後は更に広がり価格低下も予想されています。今後は擬似歯を作るために時間をかけるということがない、便利な世の中になるだろうと言う予想もあり、近い未来では自宅で3Dプリンターなどを用いて創りだす事も出来るようになるとされています。

Copyright© 2015 バランサーや特殊機械&技術を知ろう!【効率化を助ける機械技術】All Rights Reserved.